Kuramata Shiro history in Japanese

1980年代に倉俣 史朗(kuramata shiro)は新設計のコイルが無い風呂を設計しました。形としては一世代前の風呂を元に作られたが、見た目は現代式の倉又風呂。コンセプトとしては、茶碗の形をした風呂を追い炊きで水を温めるシステムです。でも、追い炊きなので、コイルを使わないで火を使ってお湯を温める方法でした。しかし、あまりにも売れなかったのですぐに廃品にされました。 Visit: http://primo.getty.edu/